ニュース

6日朝にかけ静岡県内でも大雪のおそれ 積雪や路面凍結などに注意を(5日午後9時現在)


5日は県内でも山沿いを中心に雪となり、気象台は6日朝にかけ警報級の大雪の可能性もあるとして路面の凍結などに注意するよう呼び掛けています。

5日の県内は前線を伴った低気圧が本州の南岸を発達しながら東に進む影響で、山間部を中心に雪となりました。

雨宮帆風記者:
東名高速道路・御殿場インターチェンジです。午後7時現在、細かい雪が降り続いていて東名高速道路は通行止めとなっています。

ネクスコ中日本は積雪に伴う立ち往生を未然に防ぐため、雪が積もる前から規制する「予防的通行止め」をしています。

5日午後9時現在、東名では東京インターから清水ジャンクションまでが、新東名では新御殿場インターから新清水ジャンクションまでが上下線ともに通行止めとなっていて、解除のメドはたっていません。

またJR東海は6日の新幹線について遅れが発生する場合があるとしています。

気象台によりますと、山間部では6日朝にかけて警報級の大雪となる可能性があり、路面の凍結などに注意が必要です。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube