ニュース

卓球・伊藤美誠 選手 パリ五輪の団体戦メンバーに選ばれず 3大会連続の五輪出場を逃す

パリ五輪に出場する卓球の日本代表が5日に発表されましたが、静岡県磐田市出身の伊藤美誠 選手は団体戦のメンバーに選ばれず、3大会連続のオリンピック出場を逃がしました。

パリ五輪の卓球女子日本代表は、すでに早田ひな選手と平野美宇選手がシングルス代表に内定していて、残る1枠をめぐって東京大会の金メダリスト・伊藤選手が選ばれるのかどうか注目されていました。

こうした中、日本卓球協会は5日に「張本美和 選手(15)を団体戦のメンバーに選出した」と発表し、これにより伊藤選手の落選が決まりました。

2016年のリオデジャネイロ、2021年の東京に続くオリンピック3大会連続出場を目指していた伊藤選手ですが、1月にシングルスの代表を逃したあとには団体戦に選出されても辞退する可能性があると示唆していました。

-張本美和選手は兄の張本智和選手と兄妹で夢舞台に挑むワケですが

元フジテレビアナウンサー
笠井信輔さん:
本当にすごいことだと思います。伊藤選手は静岡が地元なので残念なことですが、個人戦を落ちたときに「ここで終わりたくない気持ちと終わりたいという気持ちがあります」というコメントをしていて、どれだけ精神的に大変な思いでやってきたか。本当に素晴らしい卓球人生だったと思うので、自分の思う道を進んでほしいと思います

-世界に挑むメンバーが出揃いましたね

中日新聞東海本社
池田千晶 編集局長:
張本美和 選手はいま勢いがある選手と思う。今回選ばれたのもそういったこともあったのかも。伊藤美誠 選手は残念でしたが、今回は選考方法が変わったということで、伊藤選手はそこで苦しんでいたと聞いています。まだまだ頑張ってほしいです

次回の五輪では伊藤選手が枠を掴むのか、新たな選手が出てくるのか今から楽しみです。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube