ニュース

雪で通行止め 東名・東京IC~清水JCT 新東名・新御殿場IC~新清水JCT 【静岡・午後5時現在】


前線を伴った低気圧の影響で、静岡県内でも山間部を中心に雪が降りました。5日午後5時現在の様子などを御殿場から中継で伝えてもらいます。

雨宮帆風 記者:
私はいまJR御殿場駅前に来ています。私は午後3時頃からこちらで取材を続けていますが、その頃は大きなしっかりとした形の雪が降っていましたが、10分程前から雪ではなく雨が強まったり弱まったりを繰り返しながら降っています。駅前の広場のイスや花壇には1cmぐらいの雪が積もっています。

駅を利用している人に話を聞いてみると電車が止まっていることや自分の車はスタッドレスタイヤではないことから、タクシーを選び乗り場の列に並ぶ人の姿が見られました。

こちらの気温計では現在は0度を示していて、皮膚が出ている手や顔が冷たくてヒリヒリするような寒さです。雪は6日にかけて降ると予想されていて、引き続き路面の凍結などに注意が必要です。以上 中継でお伝えしました。

◆御殿場線と身延線は5日の運行は終了

5日午後5時現在の交通情報です。

積雪に伴う立ち往生を未然に防ぐため、NEXCO中日本によると5日正午から東名高速は東京ICと清水JCTの間で、新東名高速は新御殿場ICと新清水JCTの間でいずれも上下線ともに通行止めとしていて、今のところ解除の目途は立っていません。

また、中部横断自動車道も雪の影響により新清水JCTから富沢ICの間が上下線ともに通行止めとなっています。

続いて鉄道に関する情報です。

JR東海によると東海道線に乱れはなく、東海道新幹線も3分から5分程度の遅れということですが、このあとの天候次第ではさらに速度を落とすため遅れが拡大する可能性があると注意を呼びかけています。

また御殿場線については正午から、身延線は午後3時から上下線とも運転を見合わせ5日の運行を終えています。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube