ニュース

【高校バレー新人戦】男子は静清が6年ぶりV奪還…春高全国8強の浜松修学舎敗れる 女子は富士見が3連覇

高校バレー新人戦・静岡県大会の決勝が3日に行われ、男子は静清が春の高校バレー全国大会でベスト8に入った浜松修学舎を下し、6年ぶりに頂点に立ちました。

2024年の春高で全国ベスト8の浜松修学舎と静清が顔を合わせた男子決勝。

第1セット。静清は修学舎の1年生エース・赤堀を軸とした攻撃を止められず、このセットを落とします。

それでも第2セットに反撃の狼煙を上げ、1年生の鈴木が赤堀を止めれば、キャプテン・山本が終盤に連続ポイント。セットカウントをタイに戻します。

迎えた最終セット。両者譲らぬ緊迫した展開となりますが、静清はマッチポイントを握られながらも最後に怒涛の4連続ポイントをあげ逆転勝利。

6年ぶりに新人戦県大会の頂点に立ちました。

一方、女子はこちらも春高で全国ベスト8の富士見が三島南をストレートで下し、3連覇と貫録を見せつけました。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube