ニュース

段ボール100箱分の菓子や豆!下田達磨大師で恒例の豆まき大祭 芸能人不在も大にぎわい 静岡


2月3日は邪気を払い、無病息災を願う節分です。下田市の寺では恒例の豆まき大祭が開かれ、会場には多くの人が集まりました。

「達磨大師」の呼び名で知られる下田市の向陽寺では、毎年 節分に心に潜む鬼を追い払って幸運を招き入れる豆まき大祭を行うのが恒例となっています。

2024年も子どもからお年寄りまで市内外から大勢の人が駆け付け、選ばれた年男や年女が用意された段ボール100箱分の菓子や豆を舞台の上からまきました。

下田市・松木正一郎 市長(年男):
みんなに少しでも福を感じていただけるように思い切りまきたい

来場者:
みんなと仲良く元気に過ごせる年にしたいです

来場者:
にぎやかでいい年になりそうな感じがあるのでいいですね

来場者:
たくさん遊べる1年にしたいです

訪れた人はたくさんの福や幸せをつかみ取るかのように菓子や豆を一生懸命拾い集めていました。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube