ニュース

春の訪れ「河津桜まつり」開幕 見頃・アクセス・おいしい名物…楽しみ方教えます! 静岡

河津桜

2月4日の立春を前に一足早く春を感じてもらえそうです。

早咲きの桜として知られる河津桜が咲き始め、1日に34回目となる「河津桜まつり」が始まりました。

新型コロナの制限のない通常開催となる今回はインバウンド需要も見込み、お花見気分を満喫できるテラス席も用意されているそうです。

「河津桜まつり」開幕 4年ぶりの通常開催

熊崎結萌アナウンサー

熊崎結萌アナウンサー:
河津桜まつりの会場にきています。私も踊り子の衣装を着させていただきました。
会場は少し風があって、この上に一枚羽織ればちょうど良い感じの気温となっています。

河津桜はソメイヨシノよりも濃いピンクの花びらで、開花してから見頃の期間が長いのが特徴です。暖冬の影響か2024年の開花は例年より早いようです。

それでは、初日の会場の様子と見どころをご覧ください。

河津桜まつりのオープニングセレモニー(2月1日)

2024年も伊豆に春がやってきました。

河津桜まつり実行委員会・山田和子 会長:
2024年は大変感慨深い桜祭りとなりました。3年前はコロナで中止。2年間はコロナ対策をしながら桜まつりを開催してきました

河津桜

コロナ禍でなかなか客足が戻らなかった桜まつり。

2024年こそはと関係者は期待を寄せています。

伊豆農林研究センターによると暖冬の影響で2023年よりも早い開花となる見通し。

見頃となる7分咲きは、2023年より4日早い2月17日と予想されています。

地元の園児たち

(Q.河津の桜はどうですか?)
園児たち:
きれいです。おまつりきてくださ~い

テラス席から懐石料理でお花見も

SAKURA  TERRACE

2024年一番の目玉は、桜並木を見下ろすことのできる特設のテラス席。

桜のじゅうたんが目の前に広がります。

熊崎結萌アナウンサー:
開放的な空間で、近くに川も流れているんですね。このせせらぎを感じながら桜をたっぷりと堪能することができます

懐石弁当にクラフトビール

熊崎結萌アナウンサー:
テーブルがこたつになっているので寒さを感じません。こちらで楽しめるのが懐石弁当です。イセエビや旬のタケノコなど河津産の食材がふんだんに使われているんです。

特製の懐石弁当にクラフトビールや温泉の利用券などが付き1人2万5000円。

利用できるのはランチタイムとライトアップされた桜並木が見られるディナータイムにそれぞれ6組までで予約が必要です。

温かいこたつに入り、絶景を楽しみながらゆったりと過ごすのも素敵ですよね。

河津桜まつりは2月29日まで。ライトアップは初日の1日から行われます。

”花より団子”でも楽しめます

熊崎結萌アナウンサー

熊崎結萌アナウンサー:
「花より団子」ということで河津産のミカンをいただいてます。また、桜にちなんだスイーツや食べ物があるというので、その中で甘酒を用意してもらいました。この甘酒、桜の塩漬けがのっていて桜の香りが広がり 温かくて甘くておいしいです。

会場には80軒以上のお店が出ているそうで美味しいものを食べながら桜見物ができるのも良いですね。
   
名物は「桜のたい焼き」、食べたスタッフも「美味しかった」と言っていました。

樋口清高 店主と熊崎アナウンサー

出店者の方にもお話を聞いてみたいと思います。

のぼり亭・樋口清高 店主:
2024年で23年になりますが、うちの店の前は開花が早いね。特に4本が早いからこの桜を皆さんに見て欲しいです。コロナも明けたし皆さんに来て欲しい

河津桜まつり実行委員会・山田和子 会長

続いてこちらには実行委員会 会長の山田和子さんにお越しいただきました。

河津桜まつり実行委員会
山田和子 会長:
4年ぶりに制限のない桜まつりということで期待しています。やっと通常開催できるようになりました。ご自分で感染対策してぜひお越しください

4年ぶりの通常開催に関係者の期待高まる

山田会長と熊崎アナウンサー

2024年は新型コロナが「5類」に移行して初めての開催となります。

コロナ前までは来場者数90万人前後で推移していましたが、2021年は初めて中止に。

その後もコロナ禍でなかなか客足が戻らず、例年の半分ほどに留まっているそうです。

2024年は制限のない通常開催となるため実行委員会はもちろん、来場者や露店の出店者からも安堵の声が聞かれました。

来場客

来場客:
温かくて天気も良くて、人も優しくて来てよかった

来場客:
思ったよりきれいに咲いていました。元通りに戻ってにぎやかにやってくれれば

出店者

出店者:
やっとにぎやかにお祭りを開催できるようになるので喜んでいます。2023年以上にお客さんも来てくれると思うので、たいやきも頑張って作ります

出店者

出店者:
稲取から初出店です。いい感じに盛り上げていきたい。お隣に負けたくないので、たい焼きさんにあやかろうと

出店者:
お客さんが集まってはいけないという形だったから、コロナ禍はほとんといなかった。是非いい結果で終われれば

インバウンド需要も取り込み

山田会長と熊崎アナウンサー

熊崎結萌アナウンサー:   
山田会長、改めて2024年の開催への思いなどをお聞かせください。
 
河津桜まつり実行委員会
山田和子 会長:
出店者の方も2023年より多く 皆さんも是非楽しみにしてください。テラス席はインバウンド対策として国の補助金を受け整備しました。東南アジア、ヨーロッパなど海外からも多くの方がいらして下さっています

-見ごろは?
山田和子 会長:
河津桜は咲いてから2週間以上咲いていますし、これから上流の方も咲いていきますので急がなくても大丈夫です。長い期間楽しめます

-駐車場は?
山田和子 会長:
周辺駐車場は週末大変な混雑が予想されますので、バガデル公園からの無料のシャトルバスをご利用ください。電車なら河津駅を降りてすぐに会場ですからお勧めです

-テラス席の予約状況は?
山田和子 会長:
まだ十分予約できますので ご安心ください

熊崎結萌アナウンサー: 
山田会長ありがとうございました。夜はまだ肌寒いので、暖かな格好でお出かけください。以上、河津桜まつりの会場からお伝えしました

2023年の河津桜まつりの様子

河津桜まつりは2月29日まで開催されています。期間中は夜桜のライトアップが行われるほか、ご紹介したテラス席やビール列車など様々なイベントも行われる予定だということです。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube