ニュース

【リニア】「分をわきまえて」島田市長が川勝知事に苦言 開業時期など持論繰り返す 静岡


リニア新幹線の開業時期などについて静岡県の川勝知事が持論を繰り返している状況に、島田市の染谷絹代市長は2月1日「分をわきまえて」と苦言を呈しました。

リニア問題をめぐっては、川勝知事が開業時期や部分開業などについて持論を繰り返す一方、事業主体のJR東海はいずれの主張も認識に誤りがあるとの見解を示しています。

こうした中 島田市の染谷市長は1日の会見で「知事は政治家として発言している部分があり、 私がとやかく言うことではない」と前置きしつつ、次のように述べました。

島田市・染谷絹代 市長:
分をわきまえてお話をされるということが、JR東海に対しても国に対しても関係のあらゆる機関に対しても、誠実に物事を前進させていくためには大事なことかなという風に思います

その上で「後戻りがないよう、現実的な進捗を図っていくことが大事」と話しています。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube