ニュース

【清水エスパルス・鹿児島キャンプ】秋葉監督「オフほとんどあげない」 乾選手「文句言いながら頑張る」


サッカーJ2・清水エスパルスは1月31日にキャンプ地である鹿児島市に入り、歓迎セレモニーが開かれました。

大型バスから降り立ったのはJ1復帰を目指すエスパルスの乾貴士 選手や権田修一 選手たちです。

エスパルスは2024年で19年連続の鹿児島市でのキャンプとなり、31日の歓迎セレモニーでは市や県から鹿児島黒牛や黒豚の肉などが贈られました。

鹿児島キャンプは2回目という乾選手は「あの食べ物」が楽しみのようです。

清水エスパルス・乾貴士 選手:
今年はあたたかいのでうれしい。豚しゃぶがすごく好きなので、それがすごく楽しみです。秋葉さんが「オフほとんどあげない」と言っていたので、それぐらい練習ばっかりになると思うので文句言いながら頑張っていこうと思います

エスパルスの鹿児島キャンプは2月10日までで、4日にはモンテディオ山形と、10日にはジュビロ磐田と練習試合をする予定です。

-昨シーズンは開幕から少しつまずくような形になりましたが、今年は鹿児島で力を蓄えてしっかりスタートダッシュをしてほしいですね

精神科医・木村好珠さん:
秋葉監督の「オフをあげない」という言葉が、秋葉監督らしいと思いました。

-鹿児島はパワーが出る食べ物がたくさんあるので、力をつけてほしいですよね

スポーツ解説者・宮下純一さん(鹿児島市出身):
キャンプは疲労困憊なので、何が楽しみかというと「食」です。鹿児島の食で疲れを回復してもらいたいです

10日に行われるジュビロとの練習試合、静岡ダービーも注目されます。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube