ニュース

【独自】静岡市が連合大学院を設置へ 複数の大学が参加し地元の海洋産業の発展や雇用創出を図る


静岡市は、駿河湾や清水港の海洋産業を発展させ雇用創出につなげるため海洋研究の拠点となる連合大学院を設置する方針を固めたことがわかりました。

関係者によりますと、市は海洋産業を地域の中核産業にして人材育成や雇用創出を図るため複数の大学が参加して海洋研究を行う連合大学院を設置する方針を固めました。

準備段階として、市は2024年度、市内の大学に海洋DXを学ぶ研究室を設置する方針です。

また、駿河湾の海洋観測を強化しデータベース化を進めることで、海洋産業の高度化や新規事業の創出につなげていくということです。

市は関連予算2億3000万円あまりを当初予算案に盛り込み、市議会2月定例会に上程する見込みです。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube