ニュース

【Jリーグ静岡県勢】エースの穴・パリ五輪世代・監督の手腕 昇格や上位進出のポイントは?

静岡県勢J4チーム

いよいよ開幕まで1カ月を切ったJリーグ静岡県勢の動向が大いに気になります。「サッカー王国 静岡」の復権に向けて各チームの奮起を大いに期待したいところです。

そこで、静岡県勢4チームの注目選手や課題などをピックアップして、2024年シーズンを展望してみたいと思います。

ゲストの春風亭昇太さんは清水エスパルス ファンで知られていますが、2024年こそはJ1復帰を決めてほしいですね。

落語家・春風亭昇太さん:
今年行けないと危険なので1秒でも早くJ2を抜け出してJ1に戻って欲しいです

昇太さんのような熱烈なファンの皆さんお待たせしました。いよいよJリーグは開幕まで1カ月を切り、県勢の各クラブもスタートダッシュに向けトレーニング、調整と余念が無いようです。

ジュビロ磐田 ポジション争い激化

サポーターの男性

県勢の先陣を切って、1月27日から約2週間の鹿児島キャンプをスタートさせたジュビロ磐田。

サポーターの男性:
J1で戦う姿がすごい楽しみだなと思いながら、まずキャンプから追ってみたいなと思って今回熊本から来ました

川島永嗣選手

2年ぶりのJ1で元日本代表・川島永嗣選手の電撃加入は、ファンからの注目を集めるだけでなく、守護神争いにもかつてないほどの刺激をもたらしています。

川島永嗣 選手

ジュビロ磐田・川島永嗣 選手
皆さんが期待するいいパフォーマンスを見せられるように、まずこのキャンプで良いコンディションを作っていきたい

さらに、4人のブラジル人などタレント豊富な前線のポジション争いは熱戦必至です。

山田大記選手

ジュビロ磐田・山田大記選手:
ポジション争いもここでは熾烈に繰り広げているので、そういった意味ですごく熱量高く練習しています

ジュビロ磐田の練習

チーム一丸を強調する横内監督ですが、その根底にあるのはまさに“サバイバル”!熾烈な競争が、クラブを更なる高みに導くはずです!

藤枝MYFC パリ五輪世代のストライカーに注目

山形とのトレーニングマッチ

2023年J1ライセンスを取得した藤枝MYFC。
ホーム・藤枝総合運動公園の収容人数は1万人を超え、これまで以上の声援を背に選手たちは戦います。

27日には同じJ2のモンテディオ山形とのトレーニングマッチを開催。

選手の中でも並々ならぬ決意で臨んでいるのが、パリ五輪世代のストライカー・中島大嘉選手。

トレーニングマッチでは1本目と2本目に出場。精力的に動き、それぞれの特長や連携など確認しあっていました。

中島大嘉選手

藤枝MYFC・中島大嘉選手: 
チームとして上を目指すために自分はここに来たので、自分の成長とチームの成長を両立できる1年にしようと思っています

アスルクラロ沼津 中山監督の手腕に注目

中山雅史監督とアスルクラロ沼津の選手

またアスルクラロ沼津も昨シーズンのチーム内 得点王・ブラウンノア賢信が移籍した穴を誰が埋めるのか。

炎のストライカー・中山雅史監督の手腕にも注目です。

清水エスパルス 今季のエースストライカーは誰に?

秋葉忠宏監督

清水エスパルス・秋葉忠宏監督:
上がる自信については200%あります

昨シーズン、J1復帰にあと一歩届かなかったエスパルス。

攻撃陣をけん引した乾、そして守護神の権田 両選手は残留。今シーズンもJ2屈指の戦力です。

乾 貴士 選手

清水エスパルス・乾 貴士 選手:
決意ですか?J1昇格以外ないです。スタートダッシュというところを大事にしていこうかなと、自分自身は思っています

攻め込む北川選手

J1復帰へのカギとなりそうなのが、ストライカーの活躍です。エース チアゴ・サンタナが移籍した穴を誰が埋めるのか。

期待される1人が、北川航也選手。下部組織育ちの北川は昨シーズン 途中出場も多く、リーグ戦は4得点に終わりました。

再びチームをJ1へと導く原動力へ。人一倍熱い気持ちをもって準備を進めています。

北川航也選手

清水エスパルス・北川航也選手:
自分が得点する、そういった仕事に自分が絡んでいくことが大事になると思うので、チームの勝利に貢献するとともに、チームを動かす人でもありたいと思います

そしてルーキーながらエースの座を狙うのが郡司璃来選手。
冬の選手権で得点ランクトップタイのゴールハンターは軽快な動きをみせていました。

郡司璃来選手

清水エスパルス・郡司璃来選手:
早くこのチームに慣れて、1試合でも早く試合に絡めるように頑張っていきたいと思っています

今シーズンのエスパルス新戦力

今シーズンに向けてのエスパルス選手の異動

エスパルスは元日本代表の乾選手・権田選手など昨シーズンの主力の多くが残り、期待の新戦力も加入した楽しみなシーズンとなりそうです。

※1月30日にエスパルスはブラジル・サントスFCからルーカスブラガ選手の加入を発表しています。

春風亭昇太さん

落語家・春風亭昇太さん:
J2の中では戦力的にあると思う。でも、エスパルスはJ1から落ちた時も去年もいつも勝ち点1足りないんだよね。今年は選手も残ってくれたけど来年は判らないから本当に1秒でも早くJ1に戻って欲しい。真ん中の選手たちが抜けたのは仕方ないのであとは秋葉監督の手腕に期待したいです。それと北川選手は去年ヨーロッパから帰って1年目で苦労したけど今年は期待がもてます

元フジテレビアナウンサー・笠井信輔さん:
エスパルスにはJ1に上がって来て欲しいですね、それと町田がJ1に残れるように願ってます

川島永嗣選手

ジュビロは2年ぶりのJ1。元日本代表の川島永嗣選手が14年ぶりにJリーグに復帰。

経験豊富なGKですが川口能活GKコーチとの共演も話題になりそうですが、補強も順調に進んだようで戦力的にも充実が伺えます。

開幕カードについて

県勢4クラブの初戦

2月に開幕するJリーグ、県勢4クラブの初戦はこちらです。

ジュビロはホームで昨シーズンのJ1王者・ヴィッセル神戸と、エスパルスはアウェイでロアッソ熊本との一戦です。
MYFCとアスルクラロは、それぞれホームでV-ファーレン長崎、ツエーゲン金沢と対戦します。

松下翔太郎アナウンサー

ジュビロはいきなり昨シーズン王者と激突となりますが勝てば一気に波に乗れるチャンスです。

エスパルスは昨シーズン 開幕からつまづいてしまった感じなので、2024年こそは開幕ダッシュを期待したいところです。

落語家・春風亭昇太さん:
去年は熊本にやられたので、初戦で是非その借りを返して欲しいです

県勢の各チームともキャンプなどを通じて新戦力との融合を図り、最高の状態で初陣を迎えてほしいと思います。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube