ニュース

【独自】静岡市に雨でも遊べる子供の遊び場設置へ 空き店舗を活用し市街地や駅前に


静岡市は安心して子育てができる環境の整備に向け、中心市街地やJR清水駅前などに雨の日も利用できる子供の遊び場を設置する方針を固めたことがわかりました。

関係者によりますと、静岡市は新年度の当初予算案に雨の日でも自由に過ごせる子供の遊び場の設置と、運営の費用として5000万円あまりを計上する方針です。

市は中心市街地に大型の遊び場を設置するため、事業者に建設費などを助成するということです。

また、JR清水駅前の商店街でも空き店舗を改修し、ベンチなどを置いた芝生の遊び場を作る予定で、読み聞かせやスポーツイベントを開催できる場として2024年8月の運営開始を目指しています。

市民:
室内となると正直なところ、近隣の市に比べて少ないなと感じる。できればリーズナブルで利用したい時に気軽に利用できる場所があったらいいな

市民:
(子供の)年代がいろいろだと思うが、どんな子供も遊べる施設がいいのかな。とんだりはねたりできるとありがたい

新年度の当初予算案は、市議会2月定例会で審議されます。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube