ニュース

東静岡アリーナ構想 難波市長が周辺住民に直接説明 渋滞対策やまちづくりに理解求める 静岡市


静岡市が整備を目指すアリーナ構想について、28日難波喬司市長が予定地周辺の住民に向けて説明会を開き、構想への理解を求めました。

静岡市はJR東静岡駅北口の市有地にプロスポーツやコンサートが開催できるアリーナの整備を目指しています。

ただ周辺の住民からは交通渋滞などを心配する声が上がっていて、28日は難波市長が自ら住民向けの説明会に参加しました。

説明会は非公開で行われ、市長は渋滞対策として一般向けの専用駐車場を作らないことやアリーナと周辺の駅をつなぐペデストリアンデッキの整備などを提案したということです。

静岡市 難波喬司市長
「人の流れをどうこれから円滑にしていくか、そういった交通体系も踏まえたまちづくりが必要だというお話をさせていただきました」

市は今後も住民との対話を重ねた上で、今年度中にアリーナ構想の事業化を判断するとしています。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube