ニュース

若者の薬物乱用防止へ ラグビー・静岡ブルーレヴズの選手たちが啓発活動


若者の薬物乱用を防ごうと磐田市で行われたラグビーの試合会場で選手たちが警察官とともに来場者に啓発活動を行いました。

この活動は県警が若者の薬物乱用防止を呼びかけようとプロラグビーチーム「静岡ブルーレヴズ」と協力して行いました。

ヤマハスタジアムのイベント広場ではブルーレヴズの槇瑛人選手や吉良友嘉選手たちが試合前来場者に啓発品を配って薬物乱用防止を呼びかけました。

県警薬物銃器国際捜査課・千葉幸喜管理官:
薬物はとても体に悪いものです。自分を守るためにも家族を守るためにも薬物には手を出さないでください

警察によりますと最近は30代以下の若者による大麻の使用が増えているということ、で警察は今後も啓発に取り組む方針です。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube