ニュース

土石流災害で河川や道路の復旧工事の現地説明会 静岡・熱海市


2021年に静岡県熱海市で発生した土石流災害で、県と熱海市は河川の改良工事や道路の新設に関する現地説明会を開きました。

県と熱海市は土石流で被災した伊豆山地区の逢初川の改良工事と道路の復旧に着手していて、現地説明会には住民およそ30人が参加しました。

1月27日の説明会では市の職員たちが新設する道路の位置などを木材やロープで示した上で、道路の平坦さを確保するため現状の路面や地盤から最大で3m高くなる場所があることなどを説明しました。

熱海市観光建設部・程谷 浩成部長:
道路の高さがはっきり分かってきますので、それぞれの宅地との高さの差が分かるかと思います。高さの処理とかをどうしていくかというのを個々に相談していきたいと考えています

この現地説明会は28日も開かれ、市は今後も住民への丁寧な説明を続けていきたいとしています。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube