ニュース

【熱海土石流】壊れた生活道路の復旧工事始まる 道路を4.5mに拡幅 今秋完成へ  静岡


2021年7月に静岡県熱海市伊豆山で起きた土石流災害により壊れた生活道路の本格的な復旧工事が1月26日から始まりました。

工事が始まったのは被災する以前は住民が生活道路として利用していた市道岸谷2号線で、26日から地面の掘削などが行われています。

復旧工事では道路の利便性を向上させるため、これまでの路線から一部を変えるとともに、元々は2.3mしかなかった道路幅を4.5mに広げるなどします。

熱海市復興調整室・勝又大介 副主任:
(住民から)こちらの2号線をまずは生活をする上で早く復旧してほしいと言う声が強かったので

熱海市は2024年秋の工事完了を予定していますが、住民がより早い開通を望んでいることから1日でも早い完成を目指したいとしています。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube