ニュース

【能登半島地震】「水洗トイレの個室に入る時くらいは安心して」トイレトレーラー派遣 静岡


能登半島地震の被災地ではいまだ断水が続いている地域もあり、静岡県富士市からトイレトレーラーが派遣されました。

富士市が派遣するのは高さ3m・長さ4mの移動式トイレトレーラーです。

水洗式トイレが4つあり、1日 約200人が利用できます。

富士市は全国に先駆けて2018年に導入し、2023年12月に寒冷地でも使えるよう改修に入っていて、作業が完了したことから25日、防災危機管理課の職員3人とともに出発してきました。

富士市防災危機管理課
太田智久 統括主幹:
水洗トイレを使うこの個室に入るときくらいは安心していただいて、それが元気につながるように、そういう思いを込めて派遣したい

トイレトレーラーは石川県珠洲市の避難所で27日から活用される予定です。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube