ニュース

常葉大浜松キャンパスが駅南の小学校跡地に移転…2028年4月開校へ  にぎわい作りも期待 静岡


静岡県内に複数のキャンパスがある常葉大学は、1月22日、JR浜松駅南口近くの市の土地を取得し浜松キャンパスを移転すると発表しました。2028年4月の開校を目指します。

常葉大学が取得した土地は中央区寺島町の高砂小学校の跡地 約9800平方メートルで、浜松市が教育施設などでの活用に向け売却先を公募していました。

入札には浜名区都田町にある浜松キャンパスの移転を検討していた常葉大学のみが参加し、22日に5億9600万円あまりで仮契約を結んだということです。

常葉大学は新浜松キャンパスの2028年4月の開校を目指していて、移転により学生のアクセス向上のほか中心街のにぎわいづくりなども期待されてています。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube