ニュース

テレビ静岡「イーちゃんの白い杖」日本民間放送連盟賞「テレビ番組エンターテインメント部門」最優秀賞受賞


テレビ静岡が開局55周年を記念して制作した「イーちゃんの白い杖 特別編」(2023年5月4日放送)が、放送業界で権威あるコンクールのひとつ日本民間放送連盟賞の「テレビ番組エンターテインメント部門」で最優秀賞を受賞しました。

この番組は、生まれつき目の見えない「イーちゃん」こと小長谷唯織さんが、重度の障がいをもって生まれた2歳年下の弟・息吹さんをはじめ家族に支えられながら、自立する姿を25年にわたり追い続けました。

全国審査では「ローカル局だからこそできる長年にわたる丁寧な取材で、イーちゃんや家族と深い信頼関係を築いたからこそ生まれた力作。挫折を味わいながらも前向きに生きる主人公の姿を明るく描いている」と高く評価されました。

テレビ静岡・橋本真理子 報道制作局長(授賞式のスピーチにて):
イーちゃん家族がエンタメ部門として認められたと、この知らせを受けて本当に号泣しました。全盲の姉と重度障がいの弟。この番組は非常に厳しい状況に置かれた家族が主人公です。

つらいから見たくないという方もたくさんいると思います。この先入観を変えたいと思って25年取材を続けてきました。

全盲のイーちゃんが幸せをつかむまでの道のりは長くて険しくて、弟の息吹君も、そして家族も、そして私たちスタッフも、何度も何度もくじけそうになりました。

でも、必ず幸せはやってくる。その瞬間を多くの人に見てもらおうと信じあえたからこそ、この番組は生まれました。

目の見えない方にも、そして耳の不自由な方にもエンタメ番組として、これからたくさんの方に見てもらいたいと思います。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube