ニュース

遠州山中酒造の「葵天下」仏コンクールで最高賞 市長に報告 静岡・掛川市

フランスの日本酒コンクールで静岡県掛川市の蔵元が作ったお酒が最高峰の賞を受賞し、10日市長に報告しました。

掛川市の久保田崇市長を訪れ受賞の喜びを伝えたのは、掛川市に蔵を構える遠州山中酒造の山中久典社長です。

遠州山中酒造はフランスの日本酒コンクール「Kura Master」に自家醸造の日本酒「葵天下」を初出品しました。

6部門で1223点が出品される中、3種類の「葵天下」が金賞や最高峰のプラチナ賞を受賞しました。

遠州山中酒造 山中久典社長「評価されたのはうれしい限り。しみ渡るようなお酒、お酒が苦手の人でも飲んでもらえるようなお酒。ぜひ一度試してもらって楽しんでもらえれば」

受賞した「葵天下」は遠州山中酒造などで購入できるほか、飲食店で味わうことができるということです。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube