ニュース

元市役所職員のルーキーは新球団のエース 初めて150kmを出したスピードガンの写真を今も大切に

ハヤテ・早川投手と球速150km達成の記念写真

市役所職員からプロ入りしたルーキーが、ウエスタン・リーグに参加している「くふうハヤテ」をけん引している。甲子園出場などの華やかな球歴はないが、ウエイトトレーニングに励み最速は150kmに到達。初めて150kmを出した時のスピードガンの写真は、積み重ねた努力が実った証として今も大切にしている。

“歴史的初勝利”の立役者

くふうハヤテ・早川太貴投手

2024年からプロ野球のウエスタンリーグに参入している「くふうハヤテ ベンチャーズ静岡」。7月8日時点で最下位だが希望の光をもたらす投手がいる。

北海道江別市出身の早川太貴投手(24)だ。
 
最速150kmのストレートと6種類の変化球を操り、3月の阪神戦では先発で7回を無失点に抑え、球団の“歴史的初勝利”の立役者となった。

高校時代の早川投手

早川投手は「(高校では)北海道の中でも全然勝ち上がれなくて、甲子園というよりは全道大会に出ることを目標にやっていたけど、それも叶わず、プロは厳しいのかなと思ったことはあった」と振り返る。

出身地の北海道では中学まで軟式、高校では硬式野球とごく一般的な野球少年だった。

ウエイトトレーニングは今も続ける

それが大学時代に転機が訪れる。

ウエイトトレーニングを始めて体重が10kg増えると、高校時代に130kmほどだった球速が147kmになった。自らの進化に手応えを感じ、野球に対する気持ちが変化したという。

くふうハヤテ・早川太貴 投手:
小学生から続けてきたことなので、やれるところまでやりたいという気持ちがすごく大きくて。大学野球までやって球速も伸びて、大学で辞めようと思ったけど成長できたので

早朝練習の後に市役所勤務

市役所に勤務しながらクラブチームに所属

「野球は大学まで」と思っていた彼のキャリアは続く。

しかし、決意の先には厳しい日々が待っていた。

大学卒業後は地元・北海道の北広島市役所で公務員として働きながらクラブチームに所属。午前3時に起床し、4時半から約2時間練習して、その後に市役所の仕事が始まる。

早川投手は「クラブチームの中で自分ができることをやろうと思って、まずは150kmを投げたいという思いでした。結構大変で、仕事中の昼間の時間がきつくて、毎日眠たい感じでした」と話す。

初めて150kmを出した“証拠写真”

過酷な状況だったが、自主練習も含め毎日トレーニングを続け、2022年にはついに球速が150kmに到達した。

早川太貴 投手:
まず(スピードガンの)写真を撮りましたね。「自分で出した」という証拠じゃないですけど、すごくうれしかった

その時の“証拠写真”を見せてくれた。

監督「上に行けるチャンスある」

試合に登板する早川投手

球速が上がるたびに自身の成長を感じてきた早川投手。

そして2024年、目指していたプロ野球界に辿り着いた。

早川投手は「(対戦相手に)聞いたことある選手がいたり、緊張感のある中で投げたりするので、試合が終わった後の疲れは今までよりあるが、準備の時間や(体の)ケアの時間も取れるのでいい感じ」と、プロ野球選手になった感想を語る。

くふうハヤテ・赤堀元之監督

以前とは対照的な野球に集中できる生活に喜びを感じながら、さらなる夢を追う早川投手。

そんな早川投手にはパ・リーグを代表する投手として輝かしい実績を持つ指揮官の赤堀元之 監督も期待している。

くふうハヤテ・赤堀元之 監督:
今ずっといい形で投げているので、 それを崩さないでもっと(打者に)向かっていく部分を出していければ、まだまだ上に行けるチャンスは十分ある。型にはまらないでどんどんやってほしい

「地元人気球団の本拠地で投げたい」

日本ハムファイターズの本拠地(北広島市)

北海道で育ち、北海道日本ハムファイターズの本拠地・エスコンフィールドのある北広島市役所で働いた彼は「北海道でお世話になった人もたくさんいるので、そういった方の前でプレーできたら」と、いつかはNPB球団の1軍に昇格し、地元・北海道のマウンドに立つことを夢見ている。

くふうハヤテ・早川太貴投手

くふうハヤテ・早川太貴 投手:
挫折も多かったけど、そこで諦めずに自分で決めたことを継続してできたことが今につながっていると思う。シーズンを通して投げ抜くのが一番だと思うので、最後までしっかり投げられるように頑張っていきたい

くふうハヤテ・早川太貴投手

今シーズンのくふうハヤテは7月8日時点で20勝43敗4分。

そんな中、早川投手は12試合に登板して4勝4敗・防御率3.24とローテーションの柱になっている。

努力でプロの世界をつかんだ”くふうハヤテの若きエース”は、これからも努力で道を切り拓いていく。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube