ニュース

東海道新幹線 停電で約3時間運転見合わせ 再開も遅れ続く(6日午後6時半現在)


6日昼過ぎ、東海道新幹線の静岡駅と掛川駅の間で停電が発生しおよそ3時間にわたり上下線で運転を見合わせました。午後6時半現在も遅れが出ています。

JR東海によりますと、午後0時15分、頃東海道新幹線上り線の掛川駅と静岡駅の間を走っていた「のぞみ12号」で停電が発生し、上り線は新大阪駅と東京駅間で下り線は東京駅と名古屋駅の間で運転を見合わせました。

鈴木櫻子記者:JR静岡駅です。新幹線が長時間に渡って運転を見合わせているということで改札の外も中も混雑しています。係員が対応にあたっています

利用客:仕事で栃木の方に向かう予定だったんですけど、止まっちゃってどうしようかなという感じ

その後JRが車両の点検を行い安全が確認できたことからおよそ3時間後の午後3時20分ごろに上下線で運転が再開されましたが、午後6時半現在も遅れが発生しています。

車内にいた乗客:実はペットボトル分けてもらい乗客にもご配慮いただき特段問題はなかったように思います、3時間待ちましたけど

車内にいた乗客:わりと落ち着いて運転再開までみなさん待ってましたね

JRによりますと車内にいた乗客の中で体調不良を訴えた人はいないということです。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube