ニュース

「子供の命を守る大切さを忘れた」と断罪 園児バス置き去り死亡事件で元園長に禁錮1年4カ月の判決 静岡

2022年9月、静岡県牧之原市で園児が送迎バスに置き去りにされ死亡した事件で、静岡地裁は7月4日、車内の確認を怠った元園長に対し禁錮1年4カ月の実刑判決を言い渡しました。

法廷画(イラスト:大橋由美子)

静岡地裁の國井恒志 裁判長は元園長の男(74)に禁錮1年4カ月の実刑判決を、元クラス担任の女(48)に執行猶予のついた有罪判決を言い渡しました。

判決の言い渡しの中で國井裁判長は、刑の重さを決める上で元園長の「意識の欠如」を挙げています。

「園長として園児の安全を守る計画を策定する義務、そして、その計画が確実に実施されるよう指導する義務のいずれも怠った上、運転手として園児を確実に降車させ、全員が降りたかどうかを確認する義務があったにも関わらず、これも怠った。基本的な安全確認を怠った過失は著しく、到底軽視される事案ではない。園児を守るという意識の欠如は甚だしく、猶予は認められない」としました。

法廷画(イラスト:大橋由美子)

一方、元クラス担任を執行猶予とした理由について「千奈ちゃんがいないことを認識していながら放置したのは到底軽視できるものではないが、元園長の杜撰な安全体制で偶発的に起きてしまった。直ちに実刑を科すまでではない」と述べました。

そして判決文を読み上げたあと、被告2人に次のように語りました。

「2人の仕事は人の未来を育てる素晴らしい仕事。その分、人の命を預かる責任の重い仕事です。今回の事件は子供の命を守る大切さ、子供がいるだけで幸せということを忘れてしまったからこそ起きた事件です。千奈ちゃんの死を受け、子供の命を守る大切さ、子供がいるだけで幸せということを被告も私たちも考えなければならない」

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube