ニュース

【園児バス置き去り死亡事件】実刑判決の元園長「大変重く受け止め自らの責任に真摯に向かっていく」 静岡

事件を受け会見する元園長(2022年9月)

静岡県牧之原市にある認定こども園で、通園バスに3歳の女児が置き去りにされ死亡した事件で、静岡地方裁判所は7月4日、業務上過失致死の罪に問われた当時の園長に対して、実刑判決を言い渡しました。判決後、元園長は取材には応じなかったもののコメントを発表しています。

2022年9月5日、静岡県牧之原市にある認定こども園「川崎幼稚園」で、通園バスに河本千奈ちゃん(当時3)が5時間以上にわたり置き去りにされ、重度の熱中症「熱射病」によって死亡した事件をめぐっては、検察が当日バスを運転していた当時の園長(74)と千奈ちゃんのクラス担任(48)を起訴し、静岡地裁は7月4日、元園長に対し禁錮1年4カ月(求刑:禁錮2年6カ月)の実刑判決を、元クラス担任に対して禁錮1年・執行猶予3年(求刑:禁錮1年)の判決を言い渡しています。

こうした中、元園長は判決後、取材には応じなかったものの、「まずは、改めて千奈さんのご冥福をお祈りいたします。今回の判決を大変重く受け止めております。自らの責任に真摯に向き合っていく所存です。また、今後とも千奈さんの慰霊、ご遺族への謝罪、償いを続けてまいります」(原文ママ)と弁護士を通じてコメントを出しました。

また、川崎幼稚園も「改めて千奈さんのご冥福をお祈りいたします。本日、当園の元園長に対する実刑判決、元担任に対する有罪判決が言い渡されました。当法人は大切な子ども達をお預かりするという使命を負っているにもかかわらず、悲惨な事故を発生させてしまいました。今回の判決を非常に重く受け止めております。当法人としては、今後とも、千奈さんのご冥福をお祈りし、償いをつづける所存です。また、すでに安全管理体制を構築しておりますが、二度とこのような悲惨な事故を起こさない、安全で安心していただけるこども園でいられるよう、更なる安全管理を徹底し、信頼回復に努める所存です」(原文ママ)とのコメントを発表しています。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube