ニュース

死亡女児の父「実刑という言葉を聞いた時にホッとした」 園児バス置き去りで元園長に禁錮1年4カ月 静岡

取材に応じた千奈ちゃんの父親(7月4日)

静岡県牧之原市にある認定こども園で、通園バスに3歳の女児が置き去りにされ死亡した事件で、静岡地方裁判所は7月4日、業務上過失致死の罪に問われた当時の園長に対して、実刑判決を言い渡しました。裁判を終え、女児の父親が取材に応じ、「納得した部分はあるし、納得できない部分もある」と話しています。

置き去りにされ死亡した千奈ちゃん(当時3)

2022年9月5日、静岡県牧之原市にある認定こども園「川崎幼稚園」で、通園バスに河本千奈ちゃん(当時3)が5時間以上にわたり置き去りにされ、重度の熱中症「熱射病」によって死亡した事件をめぐっては、検察が当日バスを運転していた当時の園長(74)と千奈ちゃんのクラス担任(48)を起訴し、静岡地裁は7月4日、元園長に対し禁錮1年4カ月(求刑:禁錮2年6カ月)の実刑判決を、元クラス担任に対して禁錮1年・執行猶予3年(求刑:禁錮1年)の判決を言い渡しています。

こうした中、千奈ちゃんの父親が取材に応じ、「まず初めに実刑という言葉を聞いた時にホッとしたし、よかった、と。執行猶予がつくものだと(実刑を)期待していなかったので驚いた」と胸の内を明らかにしました。

その上で「納得は出来る判決にはなった。ですけれど、叶うことなら両名、少し遡るなら書類送検された4人全員が実刑判決だったらと思うことはある」と話し、「納得した部分はあるし、納得できない部分もある。(被害者遺族に関連して)よく報道されるように『ウチの子で最後にしてほしい』と他の子の命のことも考えられるすばらしいコメントは私には言えない。相手が憎い」と率直な心情を吐露。

4日の判決公判では、裁判長が最後に述べた「今回の事件で千奈ちゃんは子供の命を守る大切さを私たちに教えてくれた」という言葉が一番印象に残っていると言います。

ただ、千奈ちゃんに何と報告するかと問われると「刑事裁判が終わったよ。元園長は実刑になったよ。元クラス担任も執行猶予は付いたけれど有罪判決になったよ。だけれど、それで『よかったね』とは言えない。いつも謝っているので、きょうも『ごめんなさい』と謝ると思う。私たちが経験したことがない苦しみを味わいながら亡くなったので、実刑になって単によかったとは思えない」とやり切れない思いをこぼし、実刑判決を受けた元園長に対しては「反省しているのであれば控訴せずに、この判決を受け取って欲しい」と控訴しないことを望みました。

この事件をめぐっては事件後に元園長が遺族を前に川崎幼稚園を「廃園にする」とノートに記したものの、園側は「入園希望者がいる限り園を継続する」としていて、千奈ちゃんの父親は今後も廃園を求めていく考えを示すと共に「約束は守って欲しいし、約束が守られずに覆るのならしっかりと説明するべき。説明がないまま、風化するのを待つのは答えになっていない」と怒りを滲ませています。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube