ニュース

新紙幣発行…さっそく両替する人も 「お釣りとして1枚ずつ」 金融機関は原則4日から取り扱い 静岡

7月3日から20年ぶりに新しい紙幣の発行が始まりました。日本銀行 静岡支店は7月3日 朝から静岡県内の金融機関に新紙幣の引き渡しを始め、すでに両替を始めた金融機関もあります。

日銀静岡支店の新紙幣

日本銀行 静岡支店・蒲地久司 支店長:
本日、新しい日本銀行券の発行開始を迎えることができました

7月3日から始まった新紙幣の発行。日銀静岡支店はいつもより1時間早く、午前8時から県内の金融機関に引き渡しを始めました。

すべて国立印刷局静岡工場で発行されていて、その金額はあわせて約573億円です。

新紙幣の肖像画

新しい紙幣は1万円札が日本経済の父・渋沢栄一、5000円札が女性の地位向上に尽力した津田梅子、1000円札が細菌学者の北里柴三郎が描かれています。

偽造防止のため3Dホログラムと呼ばれる世界初の技術を施しています。

静清信用金庫 池田店

伊藤渚紗 記者:
きょう(7月3日)はついに新紙幣の発行が始まるということで、こちらの静清信用金庫 池田店には利用客が新紙幣への両替に訪れています

こちらの信用金庫では午前10時すぎから、日銀から引き渡されたばかりの新紙幣の両替を始めました。

利用客:
美容室をやっていて、お釣りとしてお客様に1枚ずつお渡ししようかなと。なんかこのホログラムがいろんな顔・形に変わっておもしろいですね

利用客:
これからこれになるんだなという気持ちです。実感がないですね、はい。全然実感ないです

静清信用金庫 営業推進部・和泉武将さん

静清信用金庫 営業推進部・和泉武将さん:
最新の技術を使った新紙幣をキャッシュレスと並行して使っていただいて、お金の大切さを子どもさんとか若い世代の方にも知っていただけたらなと思います。

これまでの紙幣は引き続き使うことができ、日銀は間違った情報を鵜呑みにし、詐欺などの被害に遭わないよう注意を呼び掛けています。

県内の銀行などでは原則4日から

原則7月4日から取り扱い

さて、どこに行ってどうすれば手に入るのか気になるところです。

大手メガバンクや静岡県内の銀行では、原則7月4日から一部店舗を除き取り扱いが始まります。

ただ、注意点があります。一度に入手できる枚数には制限があり、7月中旬にならないと提供できない店舗もあります。

また、金融機関や店舗によって差があるため注意が必要ということです。

新紙幣対応についての注意点

新紙幣への対応

新紙幣を手に入れたとしても使えるのでしょうか。

業界団体によりますと、金融機関のATMや切符の券売機では8~9割程度が対応、一方でコインパーキングなどの券売機は5割程度、飲料の自動販売機は2~3割しか対応していないということです。

また、「旧紙幣が使えなくなる」と言って回収する詐欺の被害も発生していて、注意が必要です。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube