ニュース

捜査に支障ないと言うが…未解決事件の捜査書類を誤って大量廃棄 被害者死亡で再聴取できない事件も 静岡

熱海警察署

静岡県警 熱海警察署の刑事課が、2019年に受理した窃盗事件の被害届など66件の捜査書類を誤って廃棄していた事案で、書類はいずれも未解決事件だったことがわかりました。

県警刑事部 刑事企画課によると、廃棄は捜査員が2024年2月、書類が保管されていないことに気付いたため発覚し、2023年2月に熱海警察署が保存期間を過ぎた廃棄書類を分別する中で誤った分別が行われたと見られていますが、情報流出の可能性については否定しています。

熱海警察署は既にいずれの事件についても関係者に事情を説明や謝罪をした上で再聴取を行っていて、このため県警は「捜査に支障はない」と説明していますが、中には被害者が死亡しているため話を聞けない事件もあったということです。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube