ニュース

電気代高騰で老舗スケートリンク閉館 五輪3回出場・伊藤亜由子さん「私の”原点”…寂しい」 静岡

元五輪代表・伊藤亜由子さんと浜松スポーツセンター

静岡県で唯一の屋内スケートリンクが58年の歴史に幕を閉じた。電気代が以前の2~3倍になり経営を圧迫したからだ。このリンクで育ち、スピードスケートで五輪に3回出場した伊藤亜由子さんは「私の原点、返ってくる場所。まだ信じられない」と閉館を惜しむ。

老朽化と電気代高騰で…

「浜スポリンク」の愛称で親しまれる(1977年)

1966年にオープンした屋内スケートリンク・浜松スポーツセンターは、浜スポリンクの通常で地域の人たちやスケートファンに親しまれてきた。

2024年まで58年間営業を続けてきたが、5月31日にその歴史に幕を下ろした。

58年間使った製氷機

主な理由は電気代の高騰と施設の老朽化だ。

スケートリンクの心臓とも言える製氷機は58年の歳月を経てボロボロの状態となっていた。

浜松スポーツセンター・鈴木直樹 社長

閉館という苦渋の決断をした浜松スポーツセンター・鈴木直樹 社長は、「ここ数年で電気代が相当 高騰して、同じ使用量でも電気代が2~3倍もかかるような状況。周りの方たちの支えがあってやってこれたのですが決断せざるをえなかった」と明かす。

最後の開放日は入場者が2倍

最後の一般開放に約700人が来場

一般利用客にリンクを開放する最後の日となった5月16日には、県内外から普段の2倍となる約700人が訪れ最後のスケートを楽しんだ。

最後の一般開放(5月16日)

このリンクでスケートを習った男の子は「やっとうまく滑れるようになってきたから、そのタイミングでなくなってしまうのは残念」と話す。

中には、京都から訪れた人もいて「自分がスケートを始めるきっかけになったリンクなので、それが閉館してしまうのは寂しい」と残念がった。

リンク友達のアルバムを持参した前島さん

30年以上も通い続けた常連客の前島節さんは、リンクで出会った仲間たちにお別れをしようとアルバムを持ってやってきた。

前島さんは「思い出はここにある写真。これだけの人と知り合って、もうみんな結婚している。毎週日曜日はここで滑っていたので寂しい」と、スケートを通して思い出をともにした仲間たちとの最後の滑りを楽しんだ。

五輪に3回出場 伊藤さんの“原点”

元五輪代表・伊藤さんは家族で来場

このリンクはオリンピック選手も輩出している。

浜松市出身のスピードスケート元日本代表の伊藤亜由子さんだ。

伊藤さんはショートトラックで2010年バンクーバー、2014年ソチ、2018年平昌と三度のオリンピックに出場した。

この日は伊藤さんも家族とリンクを訪れ、スケートを楽しんだ。

五輪に3回出場 伊藤亜由子さん

スピードスケート元日本代表・伊藤亜由子さん:
私がスケートを始めたきっかけになったリンクなので、私の原点、私の返ってくる場所というイメージです。やっぱ寂しいですね、まだ信じられない感じです

製氷機に「ありがとう」

最後の営業日はクラブ貸し切り(5月31日)

そして、5月31日には最後の営業の日を迎えた。この日は、これまでこのリンクで活動を続けてきたフィギアスケートやアイスホッケーのクラブの貸し切りだ。

子供たちは「最後にみんなで楽しい思い出が作れた」と喜んだ。

フィギアスケートコーチの竹下誠司さんは「今までも選手の出会いと別れは何回か経験してきたが、今までの見送りとは違う形で、いつも以上に寂しい気持ちになる。これでまた会えない期間が長くなる選手もいるので」と肩を落とす。

58年間使い続けた製氷機に感謝

思い出のリンクとの最後の時間はあっという間に過ぎ、58年間使用してきた製氷機も止められた。製氷機は毎年スケートシーズンが終わる夏に止めてはいるものの、この日は特別だ。

浜松スポーツセンター・中村和樹さんは「同じ止める作業でも重さが違う。これでもう製氷機が動くことはない。ほんとうにありがとうございました」と、特別な思いでスイッチを切った。

照明も落とされ、58年間続いたスケートリンクの営業は終了した。

新リンク設置めざし署名活動

新リンク設置に向け署名活動

練習場所を失ったフィギアスケートやアイスホッケーのクラブチームは、隣の愛知県などに拠点を移さなければならない。このため静岡県内での新しいリンク設置を目指し、署名活動を始めた。

署名に応じた人たちは「息子も小さな頃からフットサルを続けて選手になったので、ちゃんと練習場があれば立派な選手になれると思う」「スケートリンクがなくなるのはかわいそうなので」と協力的だ。

署名活動をするホッケークラブの女児

ある女の子は「いろいろな人が私たちの気持ちをわかってくれてすごくうれしい」と喜び、浜松パイレーツホッケークラブ・名倉みほさんは「静岡県にスケート場ができて、新しいスケート場で子供たちがたくさんスケートを滑れるようになるといいな」と期待する。

リンク最終日に記念撮影

集まった署名は7月に浜松市に提出し、リンク設置を働き掛けていく。

58年間にわたり、静岡県内のスケート文化を支えてきた浜スポリンク。

その楽しい思い出は、新しいスケート文化をはぐくむ糧となっていくはずだ。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube