ニュース

女性問題や裏金問題で支部長2人が不在と課題山積の自民静岡県連 会長に井林辰憲 議員が就任

自民党静岡県連の県連大会が6月10日に開かれ、新たな会長に静岡2区の井林辰憲 衆議院議員が就任しました。支部長の不在など課題が山積する中、参加者からは変化を求める声も上がりました。

自民党静岡県連大会

自民党本部から森山裕 総務会長も参加して開かれた2024年の県連大会。

静岡県知事選で推薦候補が敗北した責任を取って城内実 県連会長が続投を辞退し、後任に静岡2区選出の井林辰憲 衆議院議員が就任しました。

自民党への逆風に加え、静岡3区と8区で支部長が不在となるなど足元が揺らぐ中、大会では参加者から動議も出されました。

原田令嗣 元衆議院議員:
なんで自民党が大敗し、敗因を分析し、会場の皆さんの意見を聞かないんですか。自民党県連が古い体質を打破するといいながら同じことを繰り返していることに私は我慢ならない

自民党県連・井林辰憲 県連会長:
大変多くの課題が山積しておりますので。ご恩返しのつもりと長く政治活動させていただいていましたので、いい党・県連になるよう尽力していきたい

自民党県連にとって静岡県民からの信頼回復が急務となっています。

自民党県連の課題

井林辰憲 新県連会長にとって課題は山積しています。

静岡3区と8区は宮澤博行 氏の女性問題や、塩谷立 氏の裏金問題で支部長が不在となっていて、解散総選挙に備え早期に支部長を選ぶ必要があります。

また、静岡県知事選で自民党の推薦候補ではなく対立候補を応援した浜松市議3人や、片山さつき 参議院議員の処分をめぐる問題も残っています。

このほか県議会最大会派として、鈴木康友 知事との関係は「知事野党」という状況でどう向き合っていくかも問われることになりそうです。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube