ニュース

【リニア】鈴木康友 知事がJR東海の社長と初面会 解決に向け緊密なコミュニケーションを確認 静岡

静岡県の鈴木康友 知事の就任を受け、JR東海の丹羽俊介 社長が6月5日午後4時頃に静岡県庁を訪問し、知事と初めて面会しました。2人はリニア問題の解決に向けて、緊密にコミュニケーションを図っていくことを確認しています。

午後4時過ぎ、就任した鈴木康友 知事との面会するため県庁を訪れたJR東海の丹羽俊介 社長。

リニアの静岡工区着工の判断が注目される中、丹羽社長はさっそくリニア工事への協力を求めました。

JR東海・丹羽俊介 社長:
引き続き静岡工区の早期着手に向け、地域の方々のご理解ご協力得られるよう、静岡県をはじめとする関係の方々と双方向のコミュニケーションを大切にして真摯に取り組んでまいりたい

鈴木康友 知事:
リニア中央新幹線については私も推進をする必要があるとは理解しているところ。ただ、大井川の水資源の確保と南アルプスの生態系の保全、この両立を図るという方向性については堅持していく

5日の面会は非公開で約30分間行われ、リニア工事などについて意見を交わしたということです。

JR東海・丹羽俊介 社長:
大変有意義でした。鈴木知事は私が説明することに熱心に耳を傾けていただき、それに対しいろいろなお話もしていただきました。大変率直な意見交換ができたと思っております

また、空港新駅については…

JR東海・丹羽俊介 社長:
空港付近の新幹線新駅は課題がいろいろある、と。けれども静岡県からそういった話があるということであれば、私どもとして話をうかがって、静岡県のお考えを受け止めながら対話をすることが大事、対話をしていきましょうと申し上げた

一方、鈴木康友 知事はリニア問題の今後の議論の進め方について、残る課題を1つ1つクリアすることで問題解決への道が開けると述べました。

鈴木康友 知事:
緊密なコミュニケーションをとっていきましょうという話があったので、必要に応じてトップが会っていくことは積極的に行っていきたい

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube