ニュース

共済の魅力 大学生が発表 6回にわたる授業の成果 静岡県


静岡市内の大学でJA共済連静岡の役割や意義などについて考える授業が行われ、大学生たちが授業の成果を発表しました。

これは地元の企業や団体などと連携した授業の一環として常葉大学が行なったもので、造形学部の生徒たちが6回にわたる授業で、JA共済連の良さを新社会人にどう伝えるかを考えてきました。

4日は、各グループの発表会が行われ会員で掛け金を出し合い助け合う共済の意義などを有名アニメやJA共済連のキャラクターを利用し分かりやすく伝えるアイデアなどが出されていました。

参加した学生「仲間になってもらいたい。共済の理念とか仕組みについて知ってもらった上で入りたいなって思ってもらえるようになってほしいなって思います」

大学は、今後も地元の企業や団体と連携した授業を行い学生たちに様々な体験をしてもらう予定です。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube