ニュース

鈴木康友 知事が就任会見で早くも軌道修正? 県東部の医学部誘致は断念 野球場は全体構想から 静岡

5月29日午後には知事就任にあたって、静岡県・鈴木康友 知事による初めての記者会見が行われ、リニア新幹線や浜松市の野球場計画など県が直面する様々な課題に対する考えや認識を述べました。

リニアのボーリング調査は容認

試験走行するリニア新幹線

まず、いまだ静岡工区が着工に至っていないリニアについてはすでに推進の立場であると明言していますが、29日は県内でのボーリング調査を容認する考えを明らかにしました。

鈴木康友 知事:
私自身は調査自体はやるべきだと。調査なくして前には進めないので調査内容はこれからうかがうが、一般論として調査は進めるべきと思っています

そのうえで詳細な課題や現状については「これからしっかりレクを受ける」としつつ…。

関係者との早期面会に意欲

鈴木康友 知事

鈴木康友 知事:
県・JR・国・大井川流域市町の連携のもと1つ1つの課題をクリアしていくことが大事なので、そうした体制作り(を進める)、そのために各自治体とのコミュニケーションをとっていくということで、JR東海の社長や国交省とも早くお会いしてコミュニケーションをとっていきたい

このように関係者との早期の面会に意欲をのぞかせ、「全容を把握し、スピーディーに事にあたりたい」と述べました。

新野球場計画は全体構想から

野球場建設予定地(浜松市)

また、浜松市に建設予定の新野球場については、あくまでも”自らの意見”としたうえで、「もう一度構想を練り直すことが必要」と述べました。

鈴木康友 知事:
いわゆるボールパークという形であれば、どういう施設整備を誰が責任をもって、どれだけ投資するか、そういう全体構想が見えていない段階。まず、そっちが先ではないかという思い。そこをもう1回やりたいなと。「370億円」「ドームかドームではない」など、「それだけで判断するのではないのでは?」というのが私の個人的な見解ですので、最初の全体構想の部分からもう一度見直さないと判断を誤るのではないかと個人的にはそういう見解を持っている

県東部の医学部誘致は撤回に

選挙活動中の鈴木氏

一方で、選挙期間中に披露した県東部への医学部の誘致構想については「ハードルが高い」と自らの認識不足を認め、事実上撤回することに。

鈴木康友 知事:
即誘致できるとはなかなか考えられないので可能性を探ることはやぶさかではないが、それよりも即効性のある政策に重点を置いた方がいいと思っている。今やっている医学就学奨学金制度(医学就学研修資金)の定員を増やして、増やした分を東部地域限定の医師の供給システムにしていくという即効性のあることは出来ると思うので知恵を絞っていきたい

鈴木康友 知事(5月29日)

選挙戦では浜松市のトップを4期16年務めた実績をアピールした鈴木知事。

その手腕が県政でどのように活かされるのか注目されています。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube