ニュース

静岡県内に線状降水帯が発生し危険度が急激に高まる恐れ 名古屋地方気象台が早めの警戒を呼びかけ

前線や低気圧の影響で静岡県内に線状降水帯が発生し、大雨災害の危険度が急激に高まるおそれがあり、気象台は土砂災害などに警戒するよう呼びかけています。

前線や低気圧の影響で県内は大気の状態が非常に不安定となっていて、気象台は28日午後に線状降水帯が発生し、大雨災害発生の危険度が急激に高まる可能性があると発表しています。

名古屋地方気象台と中部地方整備局は合同会見を開き、早めの警戒を呼びかけています。

名古屋地方気象台・吉村 香 気象防災情報調整官:
積乱雲が次から次へと同じ場所に連なって入ってくるようになるので、たとえまわりでそんなに雨が降っていなくても、特定の場所で局地的に強い雨・激しい雨が数時間にわたって降り続く可能性があります

県内では29日未明にかけて警報級の大雨となる見込みで、予想される1時間降水量は多いところで80mm、29日夕方までの24時間に予想される降水量はいずれも多いところで西部・中部・東部で180mm、伊豆で150mmとなっています。

気象台は、土砂災害や低い土地の浸水河川の氾濫などに警戒するよう呼びかけています。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube