ニュース

静岡県内に線状降水帯発生の恐れ 29日朝までに350mmの降水予想も 土砂災害や浸水に警戒を

前線や低気圧の影響で静岡県内では線状降水帯が発生し大雨災害の危険度が急激に高まるおそれがあり気象台は土砂災害などに警戒するよう呼びかけています。

齊藤力公 記者:
午前8時半過ぎのJR静岡駅前です。雨は強まったり弱まったりを繰り返しながら断続的に降り続いています

前線や低気圧の影響で県内は大気の状態が非常に不安定となっていて、気象台は28日 午後に線状降水帯が発生し大雨災害発生の危険度が急激に高まる可能性があると発表しています。

予想される1時間降水量は多いところで60mm、29日 朝までの24時間に予想される降水量は多いところで350mmとなっています。

また、予想よりも低気圧が発達した場合には、伊豆では暴風となる可能性があるということです。

気象台は土砂災害や低い土地の浸水河川の氾濫などに警戒するよう呼びかけています。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube