ニュース

【静岡県知事選】“リニア推進”の鈴木康友 氏が初当選「課題を現実的な解決策を見つけていく」

5月26日に行われた静岡県知事選挙は、前浜松市長で立憲民主党や国民民主党が推薦した鈴木康友 氏が初当選を果たしました。一夜明けた27日、あらためて決意を語りました。

鈴木康友 氏:
すべての陣営の皆様も含めて、全県民とともにオール静岡で「幸福度日本一の静岡県」を作るため、全力を尽くしてまいりたいと思います

県知事選挙は前浜松市長の鈴木氏が、自民が推薦した元副知事の大村慎一 氏に7万7000票あまりの差をつけ当選しました。

一夜明けた27日、鈴木氏は浜松市中央区の選挙事務所で妻・知寿さんとともに自身の勝利を伝える新聞に目を通し、県のかじ取り役としての決意を新たにしている様子でした。

鈴木康友 氏:
仕事を通じて東部・中部の人にも信頼してもらう。これに尽きると思います。静岡県全体の鈴木康友として仕事をしていくと、県民に理解してもらう努力をしていきたい

また、注目されるリニア工事については推進の立場を強調した上で、次のように述べました。

鈴木康友 氏:
水の問題やアルプスの環境の問題、こうした問題1つ1つの課題を現実的な解決策を見つけていく

鈴木氏は27日朝、スズキ本社を訪れていて、支援を続ける鈴木修 相談役にお礼のあいさつに訪れたとみられています。

知事選の投票率は52.47%で、前回をわずかに下回っています。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube