ニュース

【静岡県知事選】いよいよ投票当日 過去最多6人が立候補…深夜に大勢判明の見通し 新たなリーダー誕生へ

立候補者一覧

川勝平太 前知事の辞職に伴う静岡県知事選挙は5月26日が投票日です。今回の選挙戦には過去最多の6人が立候補していて、深夜には大勢が判明する見通しとなっています。

静岡県知事選に立候補しているのは届け出順に以下の新人6人です。

▼諸派・横山正文 候補(56)
▼共産党・森大介 候補(55)
▼無所属・鈴木康友 候補(66)=立憲民主党・国民民主党推薦
▼無所属・大村慎一 候補(60)=自民党推薦
▼無所属・村上猛 候補(73)
▼無所属・濱中都己 候補(62)

今回の選挙戦は川勝平太 前知事が自身の不適切な発言の責任を取って辞職したことに伴い実施され、いまだ静岡工区が着工に至っていないリニア中央新幹線をめぐる問題や浜松市に建設が計画されている新たな野球場の仕様や是非、浜岡原子力発電所(御前崎市)の再稼働に関して論戦が交わされたほか、喫緊の課題となっている人口減少対策や子育て支援、産業振興などについて各候補がそれぞれの主張を展開しました。

投票は一部を除いて午後8時までとなっていて、即日開票され、深夜には大勢が判明する見通しです。

川勝前知事が4期15年にわたって県政を担ったことから、静岡県にとっては15年ぶりに新たなリーダーを決める選挙となります。

静岡のニュースを発信!静岡で何が起きているのか。これからどうなるのか?丁寧に詳しくお伝えします
  • BLOG
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube